2009年12月5日土曜日

映画なるものをレンタルして観た。

劇場で観れなかったので、TSUTAYAで借りてきてさっきまで観てたんです。

ターミネーター4(Terminator Salvation)なんだけどね。





かなり面白かった。実は期待してなかったのだけれども、映像と音響の凄まじさに圧倒されちゃったよ。
シナリオも良く練られていたし、テーマをティーンにも理解しやすい「人間の心」に絞ったのも、佳作に仕上がった要因だと思う。
T2と同じ三段階構築的な展開、有名な「I'll be Back」や「Come with Me If You Want to Live(生きたいのなら俺と一緒に来い)」なんてオマージュも、T2への監督の愛を感じた。


なかでもこのシーン。

 
あのガンズの名曲をここで使ってくるか〜!と。

このシーンをこのバカガキ共がマネしたのでしょうか。↓
米兵の子4人逮捕=殺人未遂容疑、身柄引き渡しで−路上ロープ女性重傷・警視庁
・・・ターミネーターT800に見つかってしまえと思いました。

せっかくこの監督が未来を担うティーンに、機械とは違う、生きる人間の素晴らしさをメッセージに込めたであろう映画だったのにね。

また、主役のクリスチャン・ベールは演技力もあるし個人的にも好きな俳優で、今のバットマンでもあるのだけど、今回のT4もどうも全体的に『ダークナイト』っぽいなと思ったら、音楽がバットマンやティム・バートン映画御用達のダニー・エルフマンだった。やっぱり重たくて暗いんだよね。T2のテーマ曲も随所に使われていて、あのメタリックなガガンガンガガン!は永遠なんだな。たまにボクもガレージでバラす時に使う、けっこうガテン的なテーマだ。


何よりなんといってもマッドマックス2好きにはたまらない世界観なので、荒野と機械好きはけっこう楽しめます(笑)。


さ、これからもう一本映画を観て、明日は水野晴郎みたいになろうと思うんだ。

0 件のコメント: