2016年9月20日火曜日

秋になって

季節は移ろいゆく。あの猛暑だった夏は、一週間前に逝ってしまった。
9月も半ばを過ぎて、連休最終日に秋田県の成瀬川渓谷までヒーコラ弾丸で行ってきた。

やはり連休の最後とあって叩かれていたのか、そもそも、雨がざんざんと降りしきっていたせいか。魚の出が渋い(笑)

ドライフライは厳しかったけれど、それでも奥の巻き返しから引きずり出したり、絶対にいると思っていた白い底石のレーンを20回ぐらい流して出したり。
秋田なのにテクニカルでシビれたw さすがチャンさん!笑





今年の晩夏はどうしたものか台風が異様に多くて、なかなか思うように気持ち良く走れない。この日も雨宿りの一葉。



もう一羽のおかげか、このパンヘッドではもはや無理やりな加速やぶん回して飛ばしたくなくなった。以前はパンは飛ばして楽しむものと考えていたのに。とてもジェントルな時速70km走行を楽しんでいる。
しばらく壊れないような気がする(笑)




・・・で、そのもう一羽の猛禽類。峠(磐梯吾妻スカイライン)でビュンビュンです。
たまに晴れた日はこっちに乗ってしまいます。困ったものだ。




2016年9月7日水曜日

Harley and the Davidsons


Harley and the Davidsons from Spectrum Reach on Vimeo.


ちょうど今、アメリカ本国でOAされております、3話連続ドラマ。

https://www.discoverygo.com/harley-and-the-davidsons/

いいな~早く日本で観たいなー

2016年8月16日火曜日

お盆休み。

川俣〜二本松〜裏磐梯〜猪苗代湖と廻って、土湯温泉に。
なかなかロングな朝練で、久しぶりにムチくれてやったけど、焦げパンは絶好調でびゅんびゅんでございました。






お盆休みは遠出をせず、ほぼ毎日のように庭でBBQしたり、公園に連れて行ったりで過ごしたけれど、子どもと一緒に遊べたから充分です。

猛禽類は夕方に起動。

ハヤブサでの朝練は、南相馬までの2時間コース。


佳き夏休みでした。







2016年8月1日月曜日

ザリガニ釣り。

裏磐梯で、ザリガニ釣りをしてきました。




ウチダザリガニと言って、アメリカザリガニより大型です。
なんでも、福島のココ裏磐梯と、北海道にしかいないそうですが、特定外来種なので駆除対象なのです。

デ、デカイw

英語名、シグナル・クレイフィッシュ!




大漁〜!

そしてなんと、喰らうのであります



なつきワイルド化



これがね、美味いの笑!
オマール海老みたいなんだ。オマール海老食べたことないけど







これぞ夏休み。分かったか、我が娘よ(めっちゃ楽しんでくれたけども)

2016年7月25日月曜日

夏への扉2016〜 敗走w


北海道釣旅2016、夏。


旅に入る前日にススキノで良い思いをしすぎた。うまかった。



確かに、天気はあまり良くなかった。



そこそこ釣れたには釣れたのだけど、何せ大物が釣れなかった。





もはやこのサイズでは満足できなくなってしまった自分に気づいた旅だった。
完全敗北である。50cmの壁は、今回あまりにも大きかった。


東京にいた頃は、車で数時間もかけて中部や山梨、長野方面の渓を巡り、釣れて一本、しかも小さくても満足した。フライの技術もそんな程度だった。
その時に行った北海道ではもちろん、数釣りが楽しくて仕方なかった。

福島に来て、東北の渓流の素晴らしさに感動した。サイズもいいしネイティブイワナの美しさに息を飲んだ。
その後の北海道で大物に出会う。しかも連発。北海道ネイティブの虜になった。おそらく、フライの技術が少し上がったのだろうと思う。

大きな毛鉤を奥の奥にピンポイントに入れるようになってから大物に出会う確率も上がった。


しかしながら、今年はそれでも釣れなかった。正確に言えば、狙う魚が釣れなかった。
短期間の釣旅で、ドライフライだけで狙うレベルに達していなかった。

来年は必ず60cmオーバーが釣れる。ドライフライを捨てて、すべてのフライメソッドを投入するからだ。ロッドもダブルハンドにする。

フライフィッシングの泥沼にハマっている自分がいる(笑)