2020年11月23日月曜日

純正メインスイッチの巻。

 


左:社外
右:純正

けっこう違うもんです





この日は午前中から、バイクで2分(!)の、Hさん家で純正スイッチを分解しとりました。
この純正スイッチ、どうにもライトONでショートしてしまうのであります。


ライトONで短絡する原因を探って、10回は結線し直したんじゃなかろか(笑)







二人で格闘すること4時間、ついに下手人が判明。
バッキンプレートであった。パーツナンバーでいう4545て奴だ。
どうやら古くレストアされた部品なのか、絶縁部で少し電気に触るのである。



既存の部品なども駆使して、焦げパンは無事に純正スイッチに戻りました。
本来であれば軽く直して、ランチして、軽々とフリホに行く予定だったのに(涙
Hさんありがとうございました〜!日を改めて行きましょう。


翌日(今日)。気を取り直して朝練へ繰り出す(ていうか昼でしたが)。


前回の千葉ツーリングで若干、ホントに若干だが、違和感が残ったハイドロリック・プッシュロッドの張りを再調整し、M35TPのセッティングを少しだけ煮詰め、もう、それはもう最高の乗り心地、走り応え。

デラックスソロもしっくりしてきて、ステキ。


もう純正部品は十分かなあ、と思いつつ。
NOSの消耗品ストックは気になるところでありまして、これはもはや病なのではないかと薄々感じ始めております。


2020年11月8日日曜日

南房総ツーリング。

 


McCOYさんの1936ELナックルヘッドが5ヶ月のOHから見事復活して戻ったというコトで、
江戸旧のみんなを誘って南房総のMcCOYさん家・千葉フォルニアまで行ってきました。

Hさんの54ハイドラも見事OHが終わり、華麗に復活した走りを後ろから堪能したぜ。


先月は私的ハヤブサ祭り一色で、焦げパン騎乗はほぼ1ヶ月以上ぶりという。
シートを換えて初、ハイドロリック・プッシュロッドを新調して初。
それでも普通に高速も快調に走って、なんて素敵な奴なんだ。








市原SAの時点で、ナックル3台、インディアン1台、パン3台。久しぶりのパン祭りだ!


・・・・と、思ったら。

この直後、リュウくんのハイドラのエキパイが割れてリタイアしてしまうという、
滅多に起きない事件が起きたのでした。無事で何より。マフラーだけで良かったよ。





富津中央で、McCOYさんと合流。1936EL。サンロクです。
オープンロッカーのヘッドのオイル漏れも見事に止まり、クラッチも円滑になり、
完璧なOHを施され復活。


36を先頭に、内房から外房へ、南房総ツーリングと相成りました。






素敵な外房のピザ屋さんでランチをとり・・・また走る。
けっこう走った気がすると思ったら、半島をぐるりと回っているではないか!w
かなり満喫したなあ。




そして目的地、千葉フォルニアに到着。相変わらず日本じゃないみたいだ。
動画はたくさん撮ったのですが、写真撮り忘れました。すいません。めっちゃ満喫した。
滞在時間は1時間に満たないほど慌ただしかったので、次回はまたみんなでゆっくり。



江戸川組。日が落ちるのが早くなった。お疲れさまでした!
久しぶりに終日、旧車に乗りっぱなしでありました。やっぱり楽しいねえ。

2020年11月4日水曜日

神無月に隼は疾走る。

 


はっっ!!? 気がつけば11月じゃないですか。
10月はほとんど河童堂ブログを更新していなかった・・・

というのも、10月はまさに隼強化月間ともいうべきコヤツの稼働率の高さ。
秋田のチャンさんのお墓参りキャンプに始まり・・
(極プライベートな集まりでしたので写真は少なめ)


DDハンモック最高ーー!


翌週は子どもの運動会の後、新潟・糸魚川で、kojiさん、ワッシーさんとキャンプ。


吊幕の集い。DDハンモック最高ーー!(2回目。)


炎の呼吸、壱の型。(不知火)



吊幕、山崎、ピコグリル。





このお二人のソロキャンパーの影響で、かなりソロにハマり出した。DDハンモックは偉大。
ギアを駆使した家族キャンプもここ数年相当なハマりようだが、
来年は渓流で吊幕ソロ釣りキャンプとかやってみたい。クマが怖いけども。



秋田-福島往復600km、福島-糸魚川-東京800km。
ハヤブサは凄いね。余裕なんだもんなあ。乗り手はグッタリしてしまったが。


というコトで、東京でまた再会した2台でありました。


そうそう、もちろん鬼滅の刃の映画は子どもたちと劇場公開2日目の夜に観てきましたよ。
初めて動く炎の呼吸に感動。というか、他の技に比べて、映画という予算的なことも
あるんだけどエフェクトが凄かった。これからアニメで出てくるであろう、
霞の呼吸とか、風の呼吸とか、大丈夫か??笑 全23巻でまだ8巻の話だけに、アニメ2期や次の映画化のタイミングはどうするんだろう?と余計な心配している。


さて、ハヤブサで東日本をびゅんびゅんしている間に、
福島の自宅では薪ストーブの煙突掃除をしてもらいました。

東京より一足早く、南東北に位置する福島では冬の備えが始まりました。

今年は雨が多かったせいか、一年乾燥させた薪も炎の色が例年と異なってる。
燃え方は変わらないかな。ナラ枯れの影響かも。


ハヤブサはけっこう満喫したから、そろそろ焦げパンで走り回ってみっかー。

2020年10月7日水曜日

秋、家族キャンプにて。

 


先週末は、またまた地元に戻り家族キャンプへ。


自宅から30分ほどで、こんなに素晴らしいロケーションのキャンプ場がある。
しかも無料(申請だけはします)。

風もなく、穏やかなアウトドア日和でした。


家族でキャンプするのは今シーズンはこれで最後かな。ソロキャンプはあと数回行くつもり。
しかしこのところ週末に限って雨模様なのはどう言うことなのか。


ウチの子どもたちも小学4年と1年になって、これまたいつまでキャンプに付き合ってくれるのだろうね。キャンプ好きになってくれたけど、上の子はそろそろ「あんまり・・・」って感じになってきてしまった。
どちらも女の子だしワンパクでもなく、どちらかと言うとインドア。まあ、いっか。


自宅の薪もイー感じに乾燥が進んできた。
キンモクセイの秋の香りが、風に乗ってすうっと入ってくる。
庭で炭火を楽しみながら魚を焼く。煙突を掃除したり、いよいよ冬支度の合図でもある。



東京に戻り、雨の週末を控えて少し夜走り。焦げパンはソロシートも当時のデラックスにしたし、もう何もアップデートすることがなくなった。当時モノで1948年にマッチングするかっこいいオプションパーツも多くあるのだけど、それ付けちゃうと焦げパンじゃなくなっちゃう。何も足さない、何も引かない。ウイスキーみたいだが、まあ宿命ということにしとこう。
そういえば、もともと付いていたNATION BILTのフォグランプセットも外してしまった。目下の課題は後ろ、リアフェンダーの激しい損傷部分でありまして、当時の燃えたままの状態でわざと放置していたのだけど、もう随分と損傷が激しくなってきた。まもなくフェンダーの分割部分から落ちてしまいそうなので、これはそろそろ対策せねば。

2020年9月26日土曜日

Original Deluxe Solo OEM

 


ebayでの壮絶で酷い打撃戦の末。ついに、Deluxe Solo Seatを手に入れることができました。
カブが新車で買えるぐらいの金額。でももう先一年は出てこないだろうなと思い執念の一撃。
・・・しかしながら、こんなでした。








しかし!!稀代の革業師、神酒(そーま)くん にお願いして、
完璧に修正リペアしてもらいました!!


凄ーい!震えた。




流石です!ちょうど、逗子の魚平「かーるさん」のサドルバッグ や、HDNのtakuさんのシートのリペアも手掛けていたとのこと。オファーも錚々たる感じだな。
神酒くんホントにありがとうございました!


・・・で、さっそく届きましたぞ。



う〜〜いいですなあ。流石バイク一台分(まだ言うか)。




デラックスソロとロックタイト・サドルバッグのセッティングは、やはりフィットする。
なんかヨンパチ、って感じする笑。純正の当時モノってとんでもなく高いのだけど、どうしても欲しいときは何年かけてでも探した方がいい。けっこう本国でも枯渇してます。
それでも30年代ナックルの深淵に比べたらまだマトモでありましょう笑




70年前、かの時代の乗り手で若い人だったら尚更、今みたいに『純正ダセ〜 よし外しちまおう』となった人も多分にいたと思う。で、今の高騰に到るなど、当時誰が想像したでありましょうか。いま、例えばミルウォーキエイトなどの最新ハーレーの方も、純正部品だけは持っていた方がいいかも知れません笑。ガソリン車自体、未来は怪しいけれども。

純正メインスイッチの巻。

  左:社外 右:純正 けっこう違うもんです この日は午前中から、バイクで2分(!)の、 Hさん 家で純正スイッチを分解しとりました。 この純正スイッチ、どうにもライトONでショートしてしまうのであります。 ライトONで短絡する原因を探って、10回は結線し直したんじゃなかろか(笑...