2019年8月17日土曜日

The lords of summer have returned


真夏の早朝、お盆。

久しぶりに、しっかりとした距離を走ってみる。5時から10時まで、つまり35度に達する前まで。


調子はそこそこ。至ってフツーです。




ハンソンも、フォグランプも外したスタイルに慣れて参りました。でもツールボックスはそろそろ付けよう。(だいぶ以前に、走行中にもげて落としてしまった)






こうした一本の田舎道を、ひたすら同じペースで、少し速めにタラタラと流すのがとても楽しい。



そういえば先日、磐梯吾妻スカイラインを走りに来たかーるさんが、こうした田園風景を珍しがってました。


土湯〜県中〜県南の白河から浪江方面〜川俣町を経由して帰投。すでに暑い。暑すぎる。



ついにブレーキペダルのゴムも劣化して剥がれてしまった・・・真夏は乗るもんじゃないですな、旧いハーレーは。











2019年8月5日月曜日

猛暑の夏、いきなり始まる。




梅雨明けと思ったら、間髪入れず35℃を余裕で超える酷暑になってしまった。子供の頃の夏休みでは、普通に暑い暑いと言いながらもプールに行ったり、カブトムシを捕りに近く神社を探索していたものだけど、あの時は25℃ぐらいだったのではないか。30年程度で10℃も上がりますかね。参った。

激暑にさらされ、気力が骨から芯からしぼりとられるココ数日。今朝は幾分マシが、と焦げパンを引っ張り出してみる。たまにはオイルを回さないとね。


曇り空。それでも気温は、7時の時点で28℃を指していた。微風を顔に受けるせいか、ついつい遠くまで走ってしまった。オイル回すだけなのに。
裏磐梯の高原から米沢を経由、結局いつもちょいロング目の朝練になってしまった。
もちろん、股ぐらのパンヘッドエンジンはストーブのようである。



パンヘッドはボードの横乗り系のようなグライドが気持ち良い。さしずめ隼はヒョウの跳躍を見る楽しさか。


そういえば、2週間も前になってしまったけど、琵琶湖ミーティングは最高だった。
カメラを忘れてこれら素敵な写真は全部SASさんからの頂き物です。ありがとうございます。








かなりのロングだったので隼で参戦。会津〜新潟〜富山〜石川〜福井〜滋賀。
それにしても隼の高速ツアラーとしてのポテンシャルの高さよ。全然疲れなかったし、数時間で帰れたほど。
・・・来年の参加もハヤブサでいいすか?笑





そうそう、マルモンクラフトさんにお願いしていたビジネス用のお財布が出来上がってきました。相当イイです。ありがとうございました。初号は20年使ったので、後定年まで15年はコチラで。



猛暑の夏、今年もはじまりました。















2019年7月6日土曜日

23年目の、革財布。

久しぶりの焦げパン。拗ねてなかった。いい子じゃのう。


もうかれこれ、20数年使い込んでいるビジネス用の財布。ついにジッパー部分が壊れてしまって、生みの親である『マルモンクラフト』の門馬さんのトコへ。





もちろん直せるし、直すつもりでしたが、気持ち新たに作ってもらうことにしました。
細かいオーダーまで聞いて頂いて、ありがたい限りです。
入社当時のお祝いから、定年まで。革って、本当に一生モノなんだと思います。




2019年6月30日日曜日

私的東北釣り旅、再開。




先日は有給を取って、私的東北渓流釣り旅を。
今回は震災前ぶりの、秋田県・玉川水系。以前行った場所はもう崩落していて、渓相もかなり変貌していた。



むしろ少しだけ、自然な流れに戻ったような気もした。








秋田線の、その長い高架下を歩いてゆくときは、とりわけ鬼気を射さぬ孤独が急に襲う。

イワナはとびきり素晴らしいままだった。釣れてくるほぼ全てが大きく、田沢湖の血筋からなる、アメマスのような凛々しい姿。


陽も傾き、熊が怖いので、核心部の沢の出合いで引き返した。


この日の宿は、大沢温泉の自炊部。一泊3,000えん。晩飯は自分で作る。


つげ義春の世界であります。






この孤独は、まことに正しい。



















2019年6月2日日曜日

王の覚醒と恒例家族キャンプ。


お達しによります年間5日間の有給の初日を、ゴジラ様に捧げて参りました。
ゴジラ キングオブモンスターズ。予告編から高揚感を抑えきれずにいた公開初日。


凄い・・・凄すぎる。

日本のあの音楽、あの兵器にも感動してしまったが、何よりもキングギドラが素晴らしい!過去最強にして至高の存在に昇華させていた。また随所に日本ゴジラ映画へのリスペクトが施されていて、これはハリウッド版としては初めてなのではないか?といっても過言ではない愛を感じた。
これは初代ゴジラのオマージュでもあるんだろうなあ。あと5回は観ると思います笑





続くこの土日は、また家族キャンプに行って参りました。
家族で時間が合う週末は、いつもキャンプしている気がしている本年。
今回は半年ぶりに裏磐梯の国民休暇村へ。かなり快適に過ごせるようになってきたゾ。





もうちょっと料理のレパートリーを増やしてみたい。
それにしても、ユニフレームのUL-Xランタンのホヤがよく割れるのは何故なのか・・・
2つ目のホヤも熱くなってパキン!と割れてしまった。



6月の今後は、ハヤブサでのツーリングや渓流釣り旅を企んでいるので、次の家族キャンプは来月、子どもの夏休みのタイミングで予定してみよう。

2019年5月21日火曜日

第9次宇宙大戦争参戦記。


春サノ。古今東西諸国の旧車乗りの大キャンプ、宇宙大戦争。
気がつけばもう9年目とな。主催のコルサさんの気力には恐れ入ります。
今年も準備からいろいろありがとうございます。


兵頭さんにやっとお会いできました!あの琵琶湖キャンプを引き継いでおられる方です。

 DERACOさんも遠くからいつも参加してくださってます。相変わらず話がマニアックすぎて目眩がしました



・・・その夜は楽しすぎて全く写真を撮っておらず、朝が来ました。笑
ちなみに、なりさんは珍しく灰になっていませんでした




極彩色の春が広がる。


ここ数年、朝の目玉焼きが一番の楽しみになってきた。



そうそう、今回一眼レフも持ってきてなくてあまり撮らなかったりしたので、
ツーレポでまとめられませんでした。すいません。
















ラレーも凄かったのだけれど・・・



コ、コブラ!!?


ハイドラと合いそう。やはりその時代の風土なのだろうか。
















みんな、それぞれが旧車ライフを普通に楽しんでいる。10年前はもっと、肩に
力が入っていたような気がする。年も取ったが、付き合い方が深まったと良いように取ることにしよう。



焦げパンはいつも通り、とても元気に帰還。まだまだ、この先も走って参りましょう。