2011年7月9日土曜日

小岩大竹で作戦会議〜茨城。

小岩の名店『大竹』にて、ゆうこりんと差し向かえで飲んでました。
ココはレバーが絶品です。こんなに美味しいレバーは久々でした。
もつ煮込も東京三大もつ煮、月島の岸田屋、千住の大はし、森下の山利喜に匹敵。小岩のポテンシャルはさすが高い。

・・・まあいつもの幕僚長と飲んでただけなんですがね。
ちょっと江戸旧でやってみたい企画があって、幕僚長に打診したのでございました。
江戸旧らしい少し微笑ましい企画です。
近々お話します。


今日は茨城の親戚本家に子どもを連れて遊びに行ってきました。
ウチの親戚は子どもがとても多くて、10人ぐらいいます。ボクの世代もいとこが多いのでさもありなん、なのですが、とにかく賑やかでね。ウチの子が一番のチビなものですから、可愛がってもらっちゃいました。

関東もきょう梅雨が明けて、いよいよ夏ですね。子どもたちを見ていると、夏休みって永遠に感じる一瞬なのかなあと思います。思い出の中で一番色濃く記憶に残っているのが、この茨城の田舎で過ごした夏休みでした。変わらないなあ。同じ思い出を、我が子も作ってほしいと願う親河童でありました。

このあと子ども達にホースで水をぶっかけられてあやうくiphoneをオシャカにするとこだったけど(笑)

2011年7月4日月曜日

イワナありて

初夏の北東北。


深い森に包まれた谷。いま自分は、仕事からも日常生活からも遠くにいる。


この谷のイワナに会いたくて、ここまで来たのだ。


可愛らしいヤツからなかなかのサイズまで、飽きない程度に良く釣れた。




同行の師は、泣き尺〜尺の連勝単式的中。






今宵の宿は乳頭温泉の最奥、黒湯温泉。開湯、300有余年。山奥にぽつねんと佇む湯治場だ。

一泊4,500円ナリ。それでも渓流沿い、角部屋、囲炉裏ありということで、グレードは高いほうである。

当然、自炊。田沢湖市内で食材を調達して、炊事場で野菜を切る。


すきやき鍋を作って、お酒を飲んだら即沈した。
布団にくるまって見る夢は、隠棲への断ちがたい想い。



濃厚に濡れる緑、発光する流れ。


水中でギラリと光る白いヒレ。やさしい電撃とともに釣り糸を介してイワナと自分がつながる。





人と話がしたい。でももう少し、独りでいたい。