2016年12月31日土曜日

プレイバック2016


平成28年の大晦日です。
恒例の本年振り返り。


粉雪舞う中、走り納めとリンカートM35TPのセッティング。
セッティング、ようやく出たかもしんない。




さて。

今年を振り返ると言っても、やはりチャンさんの急逝、それ以外に想いが出てきません今年は。

形見のウィンターグローブで今日は走り納めしてきました。来年もチャンさんとは手元で一緒です。



来年はキックももっと上手くなりたい。



隼でもっと走りたい。




そして、東北の渓流を来年もチャンさんと釣り歩くんだ。



今年もよく釣れました。(北海道は撃沈)


ということで、今年の一冊。

1位。「罪の声」 塩田武士
「週刊文春」ミステリーベスト10 2016国内部門第1位
第7回山田風太郎賞受賞作。

逃げ続けることが、人生だった。
家族に時効はない。今を生きる「子供たち」に昭和最大の未解決事件「グリ森」は影を落とす。
未解決事件の闇には、犯人も、その家族も存在する。

80年代半ばの日本社会を忠実に再現した物語だけに、読み進むうち、いつしか現実と虚構が溶け合うような感覚に陥ってしまう。最終的に阿久津は「真犯人」に辿り着くのだが、その会話と描写は、とてもフィクションとは思えないほど生々しい。

徹夜確実。ものすごいものを読ませていただきました。



2位。「黄昏の彼女たち」 サラ・ウォーターズ

ミステリーばっかりですいません(笑)
サラ・ウォーターズ。この人はあいかわらず、小説がめちゃくちゃうまい。
作り話なのはわかっているのに、まるで、ノンフィクションみたい。
すべてをつらぬくのは秀逸な文章。翻訳もすばらしい。

特に下巻からの疾走感がたまりません!


3位。「満願」「山怪」「殺人犯はそこいる」

甲乙つけがたい良作ばかり。


次点。「総理」 山口敬之
まあまあ。



今年もあと僅か。年越し蕎麦打ち終わりました。

ウチのなつきもいよいよ来年から小学生です。


下の子マキも元気いっぱい。来年は釣りに行くか。





来年も、良い釣りを。








お世話になりましたみなさま、ありがとうございました。
来年も安全運転、旧車万歳!
皆様のご健勝とご発展を祈念して今年結びの言葉とさせて頂きます。


新しい年がよい年となりますように。
そして、また素晴らしい出会いがありますように。