2012年12月18日火曜日

DEHEN

小田嶋ぽんさんにお願いして、またまたDEHEN(ディーエン)のセーターをゲットンしてしまった。

しかし、こたびのDEHENセーターはひと味もふた味も違うんだぜ。



ででーん。しかも貴重なSサイズである。


本場ハーレーダビッドソン・ミュージアムでしか手に入れることができない、ハーレー純正のDEHENなのである!


ぽんさん、凄い。ありがとうございます。これでインナーは完ペキ。アウターはA-2。もう気分は上々焦げパン臨戦態勢完了、んで外は雪。

あとはアレだ、ブーツが欲しい。レイルマンみたいなの。このへんはMcCOYさんからご指南を頂戴しております。




さらにオマケで田中りんたろうさんの本まで頂いてしまいました。











ん、ガイジンさんは似合うよね・・・・まあいいんだ。




時を同じくして、陸王乗りのK松さんから、先日の日記を哀れんでオイルパンを送ってくださいました(笑)。しかも学校の給食用!w これは陸王に絶妙なマッチングですよ。
手押しポンプのパッキンまで付けて頂いて・・・ありがとうございます。

これまた先日の被弾日記をみて、マフラーまで調達してくれるそうで、なんだかわらしべ長者的な河童めでございます。申し訳ない。





専ら銀塩派のK松さん。先日の佐野での写真から数点頂きました。
やはりゼラチンシルバーは色調の奥行きが深い。触発されて『ニコンFM2』を復活させてみよう。



2012年12月16日日曜日

投票から昼練。

きょうは総選挙の投票日。焦げパンで投票です。
風は強いけど日差しがあって、この時期では珍しい晴走日和、でありました。



ウチのエリアの投票所は我が母校・野田小学校でして、校庭に立つ立派な松の木が懐かしかったけれど、校舎はプレハブでいまだ震災の傷跡を強く残しています。
今回の選挙は福島にとってはもちろん、この国全体として非常に重い意味があるし、大震災と原発事故に対する政府の評価も下されるワケで、これでせっかく投票権があるのに行かないっていうのは、こと原発などについて云々意見する資格は全くないとさえ思う。



投票を終えて、ぐるりと田舎のなーんにもない道へ。さてどちらにいこう風が吹く。(山頭火)
FLらしいトップからのぐぐぐ、という立ち上がりから、トロけるような心地良い高速パーシャル走行は、パンヘッドの真骨頂でありましょう。





焦げパンはやはり楽しい。今年ももう少し。あと一回ぐらい乗ってみたいもんである。




被弾。

エンジンの馴らしとガス漏れのチェックを兼ねて、少しだけ徘徊。
・・・すると、少し大きめの交差点付近で急に抜けが良くなりました。

アレレ?



今度はマフラーが吹っ飛びました。



しかも、ちぎれました。なんちゅう被弾ぶり。経年劣化とはいえ、陸王の素材が脆いことを実感。

ボバーにカスタムするのは安易なのだけど、できるだけ復元して残しておきたい車両なのである。
果たしてコレ、修正できるんだろか。