2014年7月31日木曜日

ゴジラ観てきました。


公開初日に観てきました!




限定ってコトバに弱いの





賛否両論あるようだけど、個人的には最高レベルのゴジラ作品だった。
本作には地震、原発事故、津波と、東日本大震災を彷彿をさせるシーンがあり、それらはまた、日本の報道を参考にしたのではないかと思えるほどリアルな描写だった。
それを以て一部のレビューでは「被災者を逆なでする」というような否定的な書き込みも散見しているが、んなこたない。福島の映画館での反応はかなり良かった。
まあ、ゴジラだし。

原発崩壊の原因、実は巨大生物ムートーの仕業で、こやつのエサは核エネルギー。
あれ???と思った。それゴジラの好物じゃなかったっけ?それが原爆の原体験や水爆実験へのアンチテーゼじゃなかっただろうか?


いやいや、今回のアメリカ版ゴジラはその放射能の怪物を狩りに来たのだ。人々の恐怖の対象を狩りの対象にしている。というなんだか凄い設定。アメリカらしい発想。
いわばゴジラは、バランスの崩れた自然界を修正するために現われた神のような存在として描かれている。過去の水爆実験もなんのその。知ったものか、ほっとけ!ぐらい人間の過ちは完全無視。効かない。凶悪なムートーに蹂躙される人々を無視して、街もろともしばき倒す。
人間たちはとばっちりを食らう。なんだかスカッとする。

なるほど、欧米ではゴジラは一種の“神獣”として捉えられているようだ。どちらかといえば、破壊神というより、大魔神シリーズに近い。このイギリス人監督、オタクとみた。

米軍は全く相手にされず(笑)、核ミサイルを使おうとする単細胞なアイデアしか浮かばない米軍トップを静かに諭す芹沢博士(渡辺謙)の言葉は、なんだか坊さんの禅問答のようである。アメリカ人ダカラ言ッテルコト、良クワカリマセーン!とかわされる日本人。

温かく見守る芹沢博士も関係なく、武藤夫妻との壮絶なバトルはクライマックスへ。
今のハリウッドの技術は凄すぎる。




自慢の放射能火炎のシーンは、日本人なら必見でありましょう。
来るか?来るか?来るか?来た!来た来た来たキターーー!!って感じです。





もう一回観たいけどもー・・・






どうしても北海道でみたヒグマを思い出してしまう(笑)!
怖いのなんのってもう、ゴジラそのもの。
こんなのにやられたらリアルに死んでしまうw