2011年7月23日土曜日

いつもの中目黒〜恵比寿コース。

中目のサクラで散髪。今日は気温も高くなかったので、昼下がりからパンで走っていきました。涼しくて空いている日中の首都高は、意外に気持ち良い。


にゃー。



帰りはお決まりのバンカラ東京へ。


ウワサの52ポリスが入っておりました。村山モーターサイクルの委託販売です。


ポリス仕様のオイルタンク



自分の周辺が、じわじわポリスブームになっています。デュオも欲しいがハイドラも欲しい。ナックル、もちろん欲しい(特に40)。でもWLAがいいかな。いや、やはりオリペンでヨンパチもう1台ってのも、なかなかにくどくて美味しいなあ。


・・・恋い焦がれるだけなら、いくらでも。

土用の丑の日(の翌日)。

土用の丑の日(の翌日)、ウナギが食べたくなりましてね。
上野末広町の隠れた名店、『久保田』であります。

ちなみに土用の丑の日というのは、平賀源内が鰻屋をプロデュースする際につかったマーケティング戦略なんだよね。特に意味はないらしい。クリスマスにはケンタッキーフライドチキンを食べましょう的なものだな。


はす向かいではウナギなど川魚の卸をしていました。正直、国産でも外国産でも、『身が締まって』旨いウナギならどこでもいいんだ。キモは焼きと各店の秘伝のタレですからな。
ウナギ屋の焼き鳥は旨過ぎて反則だってmotoさんが言ってたけどその通りだと思う。

いつもの江戸旧酔狂独立師団、「御徒町遊撃隊」のみなさんです。さすが地元のmotoさん、良いお店知ってます。

このお店は日本酒の品揃えも充実しているので、うなぎに最も合うとされる愛媛の銘酒『石鎚』を、肝焼きや焼き鳥とともに。小さな酒蔵らしいのだが、すっきりしていて深い味わいのタレの串焼きと合う。

さすが久保田という、うな重。神田味と巷では表現するそうで、ふっくら過ぎず、固くもなく、タレも上品。つい山椒をバーって、かけちゃうんだよね。シビれるのが好きだから。てやんでえ。

とっても美味しかったです。せっかく東京にいるのだから、高くなくて渋くて良い居酒屋はたくさんあるし、いろんなお店に行きたいよね。御徒町遊撃隊の斥候は、これからも続くのである。

2011年7月19日火曜日

源流に棲む可憐。

今年の北海道釣行は、ずっと雨だった。ほぼ毎年のことなので、もはや雨男は確定か。
どの河川もアマゾン川のような濁流になってしまいどうしようもないので、トムラウシの源流へ。

ここまで登れば砂防ダムもないので水はクリア。しかし水量はかなりあるので慎重な徒渉が続く。滑って落ちたら、けっこう危ない。バッタリという距離でのヒグマだけは避けたい。
必殺の空手チョップでヒグマを傷つけたくないからである。


そこで待っていたのは、オショロコマ。

日本では北海道にのみ生息していて、ここ大雪山系、日高山系の山岳渓流と、知床半島に分布。
しかし北海道でも源流部の開発が進み、環境省レッドリストでは絶滅危惧Ⅱ類にカテゴライズされている。

その姿は、まさに渓流の宝石。


本州で使っているピーコック・パラシュートがドンピシャ(ていうか、なんでも食うのかも知れんがw)、ツ抜け×3回ぐらい釣れて、この種のほぼMAXであろう尺近くのサイズも出てくれた。40cmぐらいのもいるらしいが、もっと奥なのでビバークしないとムリ。ヒグマ怖いし。

源流らしい複雑な流れに水量もあいまって、巻き筋に足を何度も取られた。







オショロコマは品があっていい。
想像より全然大きく、力強い推進力があった。バンブーロッドに可憐な宝石を入魂。



・・・それにしても、雨、雨、雨。民宿で文庫本一冊を読み終えてしまったほどだ。




しとしと、雨の日の釣り師。惨めで、滑稽で、でも楽しくて。


出ました、52cmドーン。









でも今回はこれでおしまい。天気さえ良ければ、「昨年」超えを果たせたハズ、であった。
今回の写真たくさんの釣りレポは後ほどまとめて。

来年は久々にレインボー狙うかの。雨だと思うけど。