2010年4月11日日曜日

桜河童あをによし。(前編)


週末、京都に行ってました。京都駅までkojiさんが仕事の仕込み前にクルマで迎えにきてくれて、連れて行ってもらったのが千本鳥居@伏見稲荷大社。

鳥居の先を少し行くと、「おもかる石」という不思議な石がある。
願い事を思いながら抱えて軽く感じたら叶う、という。抱えてみたら、思っていたより全然重たくてギックリ腰になりそうになった。

さらに進むとお稲荷さん(キツネの神様)の世界がディープになっていく。
ちょっと本気でヤバそうな雰囲気だったのでここいらへんで引き返した。ガイジンさんたちは大喜びで写真を撮りまくっておった。


伏見と言えば、寺田屋。龍馬がここで襲撃されて、2階から逃げたんだよね。

川下りは大人気で乗れなかったけど、伏見の川岸を散策しただけでも大満足なのだ。


そのままキザクラのカッパカントリーで日本酒を堪能しつつ、河童博物館へ。
河童ってさ、自分の小学校のアダ名なんだけど、ボクはきっとこういう顔をして川遊びとかでつっ立ってた奴だったんだろうな。ちょっと似ていてドキリとした。


芥川龍之介の初版。


カッパッパ〜ルンパッパ〜♪の原本。

そして夜はkojiさんのお店で、最高のお肉を堪能。

産地や味付けがどうとか、うんちくも何も出さない。ただ「きっちりと良い仕事をさせて頂く」ということの尊さが分かる味だ。旨過ぎる。深夜12時過ぎまでお客さんが絶えない盛況ぶりであった。


翌日は絶景で花見三昧。ということで次回の日記にて。

0 件のコメント: