2011年1月30日日曜日

ブラッシュアップ・ザ・ブレーカー。

風邪が小康状態になって頭痛もなくなったので、界王さまみたいにそのへんだけぐるっと回ろうと引っ張り出したら、エンジンが掛からない。
あれれ火は飛んでんのかな?とプラグのスパークチェックをすべくシリンダーにプラグをアースしてキックしたら、最初の1回だけパチっと点火して、その後は火が飛ばず。何度キックしても、残酷な沈黙、なのである。

ポイントのギャップやバッテリー電圧、圧縮もチェックして、それでもプラグに火が飛ばない。
まず火が飛べば、タイミングが合ってなかろうがコンデンサーがパンクしてようが一応はエンジンは掛かるので、何だろうなぁ、と。

コイルも交換してみたりして。・・・でも火が飛ばない。

ポイント〜コイル間のコードあたりイカれちゃったのかなとか思って配線図を探していたところに、かーるさんから「ポイントの接点、荒れてませんか?」との連絡が。
改めて磨いてみたら、あっけなく火が飛びました(笑)。

基本に立ち返るって、大切ですね。かーるさんありがとうございました。


最近こっち(陸王)に浮気してるからスネちゃったのかと思った。

0 件のコメント: