2011年6月4日土曜日

赤い夕日に釣つてやめようともしない(山頭火)


いやー、しかし。
釣れませんなあ。今期はどうしたものか打率が低すぎる。タイミングなのか、ポイントがズレてんのか。・・・いや、ウデか。

とある筋からゲットした『群馬奥地にマムシ岳ってのがあって魚影が濃いんだ。』という情報を頼りに行ってみたら、先行者がもういましたよ(笑)。
釣り場に着いたんだけど先行の釣り人のおっさんが着替えをオタオタしてて、あげくにKARAのアレをららららんと鼻歌やってて吊り橋から蹴落としたくなりました。

ここがダメだったのでさらに入手していたのが、長野県側の相木村集落。『ツ抜け』鉄板(釣果9「つ」まではツがついて、10超えるとツが抜けるから、という釣り界の隠語。釣り人のあざとさ全開で大好きです)というマル秘情報。
早速行ってみたんだけど、ここも先行者がビシバシ水面を叩きまくってましたので、クリームパンをかじりながら橋のたもとで見物してました。そしたら平気な顔して尺ヤマメを釣ってやんの。

慌てていそいそと支度して川に入って、さらに釣れなかったのは自明でありました。嗚呼、我ながらなんと浅はかで浅ましい所行か。

どうでもいいですけど中央道の談合坂から小仏トンネルの渋滞がひどくてぶっ倒れそうでした。あれはなんとかならんもんかね。

0 件のコメント: