2012年1月15日日曜日

大相撲初場所見物


江戸旧酔狂独立師団「御徒町遊撃隊」、新年一発目の酔狂は聖地、両国国技館である。
大相撲初場所、7日目に見参。


motoさんの粋な仕切りで、枡席で楽しんでしまいました。15時前からフルスロットル!
名物の焼き鳥弁当でちびちび飲る。でもエンジン(スモールエンド近辺)の話ばっかりしてたような・・・(笑)


中入りなのに、我々すでに泥酔。


ワタクシのお気に入り力士は十両三枚目、隆の山である。
チェコ出身鳴門部屋。得意手は左四つ、上手投げ。
この日は押し出しで勝ちました。


典型的なソップ型だが見事な背中に宿る鬼の顔、江戸の浮世絵にあるような力士の姿にホレるのである。ハゲててそのうちマゲが結えなくなると思うので、総合に行ってもらいたい。



幕内は迫力あるねえ。
日本酒はすでに3本目(6合)。


御徒町遊撃隊の枡席はろう城の酒盛り状態となっていた。
あ、稀勢の里戦が始まりますよ。





隣りの枡席の方々と意気投合してしまい、横綱戦なのに全く見ないで盛り上がってしまいました。
革ジャンの兄ちゃんが凄く相撲に詳しかったのです。


弓取りが終わっても一向に帰ろうとしない困ったお客さんたち。


国技館を後にして、やはりお約束「ちゃんこ鍋」でトドメ。
もはや酩酊。


大相撲見ながら枡席で飲む日本酒は鉄板でしたな〜。ありがとうございました。また行きましょう!江戸旧酔狂独立師団、御徒町遊撃隊の斥候は続く。

0 件のコメント: