2012年5月20日日曜日

春がきた。(釣り編)


東北に戻ってきて最も楽しみにしていたのは、フライフィッシングが存分にできること。
引っ越してしばらくは腰が落ち着かなかったのだけど、渓流に行く余裕ができたのでそそくさと支度して、某地点に向かった。


入渓してすぐ、筋肉質で幅広のヤマメが、流芯脇を流したピーコック・パラシュートをバッサリ。忘れかけていたやりとりの記憶を強引に呼び戻す、ぐぐぐぐ、という強い電撃。





川のせせらぎしか聴こえない。久しぶりのこの感覚は、やはり中毒性を持つ。


静として揺るがず、凛として美しく。
ヤマメはホントにかっこいい。


Silver,Gold, Platinum and Copper .
清流にたゆたう、メタリックな輝きに見入ってしまう。




素晴らしい型のヤマメがたくさん釣れてしまった。久々の「ツ抜け」完遂である。前厄なのでこのへんにしとく。


釣り人に春を告げる水面の飛沫。


福島でも田植えが始まった。
自分にもようやく、遅い春がきたのだと感じた。

0 件のコメント: