2014年6月22日日曜日

伝統と電動。


雨上がりのアスファルトの匂い。むせかえる空気の彼方に霞む地平線。


脳がとろけるように走っているので、そのうちボケちゃいそうだ。焦げパン最高である。
1948パンヘッドは当時、スポーツソロとして開発された。今で言うスーパースポーツモデルだ。



それから66年後の今。ハーレー本社が、ついに電気モデルを作ったらしい。
『PROJECT LIVEWIRE』。LIVEWIREとは、送電線のこと。

リチウムイオン・バッテリーの性能向上を受けて(ボーイング787問題はどうなんだ?)開発チームが手がけ、試乗会を開いて販売するか検討するとのこと。


これはこれでアリだ。昔から変なのを作る会社だから(笑)。初代パンヘッドがあれば十分だから欲しくはないけれど。電動より伝統である。もうすっかりオヤジギャグが身に馴染む。


個人的には音がめっちゃ素晴らしいと思う。航空母艦上の戦闘機のイメージらしいのだが・・・



で、あれば・・・





バット・ポッド作れやーーーー!


こっちのほうがハーレーらしいと思うんだけど、若者ターゲットというより厨二病向けになってしまうからかナ。






バットポッドなら欲しいけどなー V-RODが上記の電動戦闘機バイク風になったらできるんじゃないかなー
などと妄想しながら庭で肉を焼きました。



下の子の心臓の機械が取れたお祝いです。ご心配をおかけしました。もう元気です。

0 件のコメント: